害虫駆除おすすめ業者ランキング
全国のシロアリ駆除業者

愛媛県のシロアリ駆除・再発防止専門 防除・駆除業者まとめ

白蟻の巣 駆除シロアリ駆除業者まとめ

愛媛県の住宅の3割が被害にあっているといわれるシロアリによる被害。

たかがシロアリと甘く見ていると痛い目を見てしまいます。

特に、本州と九州に囲まれた内海の四国にある愛媛県では暮らしやすい環境で、シロアリの被害が多く発生しています。

シロアリは、1匹見たら30000匹はいると言われるほど生命力が強い害虫です。

そんなシロアリはプロの駆除業者に依頼するのが確実な方法です。愛媛県のシロアリ駆除業者を調べてみました。ぜひ、参考にしてください。

愛媛県のシロアリ駆除・防除業者まとめ

シロアリ110番 公式

全国に広がるシロアリ被害には、プロによる駆除が必要です。

愛媛県でおすすめのシロアリ駆除業者は、シロアリ110番です。

シロアリ110番が行った調査によると、愛媛県では31.0%の住宅にシロアリ被害が見られることがわかりました。

3割もの家が被害にあっているという状態です。

そんなシロアリ被害にやられないためには早めの駆除が必要です。

無料調査も行えるので、愛媛県のシロアリ被害で悩んだら、シロアリ110番を利用するのがおすすめです。

公式HP https://www.truthonprop32.org/

シロアリ110番 公式

ここからは愛媛県で白蟻の駆除を行ってくれる業者さんを紹介します。

駆除を専門にしていますが、防除については各業者へお問い合わせください。

シロアリ駆除・防除専門業者一覧
駆除業者名 連絡先 料金
グッドベア株式会社 092-692-5135 ※要相談
日東防疫株式会社 0120-233-546 \7,000円~/1坪
株式会社新栄アリックス松山営業所 089-908-9815 \2,500~\3,000/㎡
福島化学松山株式会社 089-935-4621 ※要相談
株式会社ハウスガードサービス 082-262-6229 \1,200~\1,600/1㎡
おそうじ大作戦 0120-600-115 ¥3,000~/㎡
リニュー工房 089-976-5986 ※要相談
※詳細についてはお問い合わせください。
松山市、今治市、宇和島市、八幡浜市、新居浜市、西条市、大洲市、伊予市、四国中央市、西予市東温市、越智郡上島町、上浮穴郡久万高原町、伊予郡松前町、伊予郡砥部町、喜多郡内子町、西宇和郡伊方町、北宇和郡松野町、北宇和郡鬼北町、南宇和郡愛南町

愛媛県の自治体によるシロアリ駆除・防除対応はあるのか?

自治体によって衛生害虫を駆除する活動があります。

有名なのは、スズメバチやセアカゴケグモなどの外来危険生物と呼ばれる害虫の駆除や防除です。

発見した時に、自治体に相談するとスズメバチの巣の駆除を受けてくれるなどがあります。

シロアリについてはどうか調べてみました。

残念ながら、シロアリに関しては自治体で駆除をしてくれるところは多くありません。

愛媛県についても同様で、松山市をはじめとする各自治体で調べてみたところ、シロアリについての相談窓口は衛生害虫対応の課だということが確認できましたが、駆除まではしてくれません。

すぐに命の危険などが出ないため、仕方ないかもしれません。

しかし、シロアリは確実に家の中から家屋をむしばんでいく恐ろしい害虫です。

見つけた時には、できるだけ早い対策が望まれますので、もし見つけたら、自分で駆除を専門業者に依頼することが必要です。

市町村名 衛生害虫対応の課 連絡先電話番号
松山市 生活衛生課 089-911-1863
今治市 環境政策課 0898-36-1632
宇和島市 生活環境課 0895-49-7013
八幡浜市 生活環境課 0894-22-3111
新居浜市 環境保全課 0897-65-1512

愛媛県に生息しているシロアリの種類

愛媛県に生息するシロアリは、ヤマトシロアリ」「イエシロアリ」「アメリカカンザイシロアリの3種類です。

シロアリといっても、種類が違うと生息スタイルもまったく違います。

種類を知り、それに応じた駆除を行う必要があります。

それぞれの特徴をみてみましょう。

ヤマトシロアリ

日本のシロアリ被害のほとんどがヤマトシロアリによるものだといわれています。

愛媛県のシロアリ被害も、ヤマトシロアリによるものが多く、4月~5月頃から発生します。

時間帯は、日中が多く午前中から活動します。愛媛県の中でも、山間部に多く出没するシロアリです。

特に愛媛県の宇和島市は、西側が海で他の場所は1.000m級の山に囲まれている土地です。

これは、ヤマトシロアリの活動しやすい条件がそろっているため、被害も多いのです。

新築の家や木造ではない住宅でも平気で食べてしまいます。

愛媛県でのヤマトシロアリ被害の特徴としては、湿気を好むため海沿いに多く、住宅の床下の被害が多いです。

イエシロアリ

6月~7月頃から発生します。
時間帯は、夕方から夜にかけて暗くなってきた頃が危ないです。

イエシロアリが発生しやすいのは、海に面したエリアです。

湿気があると、活動も活発になります。しかし、イエシロアリに関しては湿気がなくても同様に活動ができるため、山に近い地域でも被害が出やすいです。

愛媛県のイエシロアリは、特に湿度が低くても平気で活動します。

ヤマトシロアリよりも遅れて発生するので、注意が必要です。

愛媛県内のシロアリの駆除依頼件数

愛媛県は、シロアリによる被害が、47都道府県中24位と上位です。

海が近いこと、また山も多く餌に困らないことがその原因と言えるでしょう。

どちらの被害も同様に高いことが、愛媛県のシロアリ被害の特徴的な部分です。

山に囲まれ海も近い愛媛県はシロアリの住みやすい土地!?

1年間を通してみても、温暖な気候の愛媛県は、晴天の日が多く湿度も高くありません。

年間を通して雨があまり降らないこともあり、湿度がそれほど高くないため、シロアリ被害は少ないように感じます。

しかし、残念ながらシロアリ被害は決して少なくありません。

関門海峡を吹き抜ける海風の影響を受け、シロアリが住みやすい湿度が作られてしまうのです。

愛媛県の中で、松山市は平均気温が16.5℃と暮らしやすい気候です。

シロアリにとっても、この温暖な気候と温度は暮らしやすい気候と言えるでしょう。

特に、海が近くて気温が温暖なことによって、松山市をはじめとするさまざまなエリアにシロアリ被害が出ています。

では、どれくらいの時期からシロアリ被害がはじまるかというと、本州よりも早い時期に被害がはじまります。

愛媛県をはじめ、四国地方はシロアリの被害が発生するのも早く、5月のはじめにはもう羽アリが出はじめます。

羽アリは、シロアリの中のたったの一部になるので、羽アリが出たら、裏にもうシロアリのコロニーが作られているかもしれません。

そのため、5月頃に愛媛県で羽アリが発生したら、なるべく早く点検や駆除・予防を行いましょう。

シロアリ駆除・防除なら害虫駆除.jp

関連記事はこちら