不織布三層構造マスク
全国のシロアリ駆除業者

島根県のシロアリ駆除・再発防止専門 防除・駆除業者の情報

白蟻の巣 駆除シロアリ駆除業者まとめ

たかがシロアリと思っていても、家の中を食い荒らしていく恐ろしい害虫であるシロアリを、放っておくとのちのち家屋が倒壊してしまうこともあります。

特に、地震などが起きると、シロアリのせいですかすかになっている家屋は簡単に崩れてしまうのです。

建物の耐久性を守ることは、のちのちの建物の資産価値を下げることなく守ることができます。

日本で増え続けるシロアリ被害をなくすためにも、シロアリの防除・駆除は、必要と言えるでしょう。

今回は、島根県のシロアリ駆除業者について調べてみました。

島根県のシロアリ駆除・防除業者まとめ

シロアリ110番 公式

シロアリ110番のシロアリ駆除は、料金がはっきりとわかることから、多くの方が利用しています。

島根県でも同様で、追加料金が発生しない価格でシロアリ駆除施工を行います。

また、シロアリ駆除を行う前に必要な事前調査は無料ですので、とりあえず相談してみるのもおすすめです。

個人でシロアリ駆除をしても、やはりどこかで生き残ってしまうため、数年後には今以上にシロアリが出てきてしまうことも考えられます。

しかし、プロによるシロアリ駆除なら、タマゴやまだ子供のシロアリも残さず駆除します。

島根県のシロアリ駆除は、シロアリ110番がおすすめです。

公式HP https://www.truthonprop32.org/

シロアリ110番 公式
シロアリ駆除・防除専門業者一覧
駆除業者名 料金
株式会社 よろずやサービス 1,500円~/㎡
岡山住宅サービス株式会社 1,300円/㎡
あずみ 2,000円~/㎡
アサンテ ※要相談
スマートサービス 4,500円~/坪
※駆除対象地域
松江市、浜田市、出雲市、益田市、大田市、安来市、江津市、雲南市

島根県の自治体によるシロアリ駆除・防除対応はあるのか?

自治体によっては、衛生害虫の相談をすると、自治体で駆除してくれる場合があります。

島根県では、衛生害虫の相談について受付をしています。

また、特徴的なのが島根県では、シロアリの被害が出た時には保健所が相談先になっている点です。

駆除までは行ってもらえないようですが、どのように駆除すればよいのか、駆除の内容や不明な点の相談が可能となっています。

ホームページに乗っている内容から、一部の情報をご紹介します。

そこでは、まずは「害虫等の種類の把握」が必要なこと、次に「発生源の特定」をすることが挙げられています。

さらに、「駆除方法の決定」「駆除の実施」に関しては、ハチ、ねずみ、ダニ、など小分けにされて紹介されています。

シロアリもありますので、一度島根県の方は自治体や保健所のホームページを確認してみるのがおすすめです。

また、島根県で紹介されているシロアリの発見方法もご紹介します。

以下の4つの項目に当てはまる項目のある方は注意が必要です。

  1. 浴室や洗面所の窓枠に黒ずみやひずみがないか。
  2. モルタルに亀裂や膨れはないか
  3. 植木や柵、杭に虫食いはないか。
  4. 4月中旬から5月下旬にかけて羽アリが出なかったか。

しかし、シロアリについての項目はここまでです。

やはり駆除するためには専門業者への相談が必要なようですね。

「自分で駆除することが困難、又はできない場合は、専門の駆除業者に相談して下さい。」と書かれています。

市町村名 衛生害虫対応の相談先 連絡先電話番号
松江市 益田保健所 0855-29-5537
浜田市 浜田保健所 076-227-6052
出雲市 出雲保健所 0853-21-1190
益田市 益田保健所 0856-31-9535
大田市 県央保健所 0854-84-9800

島根県に生息しているシロアリの種類

日本国内で住居に被害を及ぼしているシロアリの代表的な種類は、「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」の2種類です。

中でも、島根県で発生するシロアリは片方の「ヤマトシロアリ」だけが発見されています。

ヤマトシロアリの特徴を見ていきましょう。

ヤマトシロアリ

日本の代表的なシロアリです。

マツ、スギ、ツガ、ヒノキ、モミなどの木材を特に好みます。

腐った木材や、湿った木材を特に攻撃して食べていきます。

その木材に巣を作り、1つの巣のなかには、1~5万匹のヤマトシロアリがいるといわれています。

中でも、羽アリは体長4.5~7.5mm程度で黒色の身体をしています。

発生する時期は、4月中旬から5月下旬です。

また、湿気を特に好むために雨上がりの昼間に飛び出してくることが多いです。

島根県内のシロアリの駆除依頼件数

年間駆除件数
ヤマトシロアリ 約1,060件

シロアリによる被害は、全国で200万以上の駆除依頼があります。

島根県はシェアリングテクノロジー株式会社の調べによると、全国で38位の結果でした。

ほかの県に比べると少ないことがわかります。

シロアリと島根県の戦い

島根県は、シロアリの被害が他の県と比べると、少ない地域です。

しかし、島根県の自治体ではシロアリに対する対策や駆除の方法などを紹介していることもあり、シロアリに対して対処方法を考えている地域です。

島根県は、県内にある家屋の約28.2%にシロアリの被害が発生しているといわれています。

シロアリは、人間にとってのがんと同じといわれています。

それだけ予期できない時期に突然現れて、放っておくといつの間にか取り返しがつかなくなってしまう被害を出します。

確かに、癌のようなシロアリ被害ですが、怖いのが再発です。

島根県は、シロアリに対してかなり気を付けている県です。

過去にシロアリ対策の薬剤を散布している場所も多いようです。

しかし、何年かたつと、またいつの間にかシロアリが家屋に再度侵入してきてしまうのです。

そのため、再発が多いといわれる地域でもあります。

島根県のシロアリ被害は、火事よりも多いといわれるほどです。

木材が豊富な土地だからこその被害ですね。

日本の中には、10種類のシロアリが生息しています。

そのシロアリの中でも、ヤマトシロアリが島根県の被害を及ぼしているシロアリです。

島根県では、ヤマトシロアリに対する対策を取る必要があります。

ヤマトシロアリの特徴は、乾燥に弱いこと、湿った木材を好むことがあります。

また、地中やコンクリートの中に自分たちが通る道を作ります。

ヤマトシロアリは、固定した巣がなく、被害にあった部分に生殖虫が潜んでいます。

乾燥に弱いアリですが、乾燥して生息することが難しくなってくると消えてしまうということもありません。

乾燥して生息しにくくなると、地下や木材の中心部に隠れてしまいます。

そして、また暮らしやすい季節になれば出てきて活発に活動します。

シロアリは、セルロースを食料としています。セルロースは、木材だけに含まれている物質です。

島根県の木造家屋は、シロアリの餌食になってしまうのです。

島根県では、シロアリ駆除業者が忙しくなる季節は大体5月くらいからです。

早めの対策が必要ですが、再発のことを考えると、予防も欠かせないのです。

あわせて読みたい
ハチの駆除ハチの巣駆除業者まとめ
島根県のスズメバチ駆除・ハチの巣 駆除業者まとめ島根は神々の国と言われ日本神話が豊富で、10月は日本全国の神様が出雲大社に集まり神議を行うので、神無月と呼ばれています。 出雲大社...

害虫駆除.jp

関連記事はこちら